ルーレットの賭け方!ルールや種類、禁止事項など徹底解説!【初心者必読】

ゲームの種類

ルーレットの賭け方!ルールや種類、禁止事項など徹底解説!【初心者必読】

ルーレットの賭け方について徹底解説していきます。

オンラインカジノ等でルーレットで勝負したいという方は、まずはルールや種類、禁止事項を抑えておく必要があります。

ルーレット初心者の方は必ず必要な知識となっています!

ルーレットの賭け方のルールや遊び方を徹底解説!

ルーレットの賭け方のルールや遊び方を徹底解説していきます!

ルーレットの賭け方のルールや遊び方

まずはルーレットの賭け方のルールですが、ルーレットでは「ホイール」と「テーブル」が用意されています。

ディーラーがホイールに玉を投げ込んで、ホイール内の数字や色、グループのどこに玉が落ちるかを予想するゲームとなっています。

テーブルには数字や色、グループのどこに賭けるかが記載されていて、そこにチップを置くのが正しいルーレットの賭け方のルールとなります。

ブラックジャックと違ってカードの様子をチェックしたりという戦略要素はないので、ルーレットの場合は完全に運が必要なゲームだと考えてください。

そのため、ルーレットの賭け方も工夫する必要があり、2分の1で勝てるような賭け方をした方が、ルーレットではトータルで勝ちやすいです。

ルーレットの賭け方やルールは非常にシンプルではありますが、テーブルの見方は理解しておきましょう。

正しいルーレットの賭け方はルールを守り遊ぶためには必要な知識です。

2分の1で勝つ賭け方を実践したいのであれば、テーブル内の赤か黒の範囲にベットコインを置くようにしてください。

ルーレットの賭け方のルール上「色は赤と黒の2種類」と決まっているので、単純に赤色テーブルにベットすれば赤色ゾーンに玉が落ちれば勝ちというルールとなります。

また、2分の1の確率で勝負しないという場合は、数字の一点賭け(数字にコインを置く)、二点賭け(数字の合間にコインを置く)等の賭け方があります。

オンラインカジノによってルーレットの賭け方のルールが決まっている可能性があるので、そちらもチェックしておくといいでしょう。

 

僕や友人が登録しているライブカジノを厳選して下の記事で紹介していますので、チェックしてみてください。

↓↓↓

ライブカジノおすすめランキング3選!仕組みや攻略法ガイド

ルーレットと言ってもほんとそのライブカジノによって違いますから、いくつも登録しておけば楽しみが何倍にもなります。

ルーレットの賭け方の種類

ルーレットの賭け方の種類を紹介します。

ルーレットの賭け方の種類

ルーレットの賭け方は数種類存在します。

一番勝率が高いとされているルーレットの賭け方の種類は「レッド・ブラック」と言われる、玉が赤に入るか黒に入るかを賭ける賭け方と、「奇数偶数」かを当てる賭け方です。

例えば、「3」の数字は赤色という具合で、数字にもそれぞれ色が塗られています。

その色または奇数か偶数かとベットが一致すれば、プレイヤー側の勝利となります。

これは2分の1で勝てる賭け方なので、まずはこれを使ってルーレットに馴染んでみてはいかがでしょう。

ルーレットの賭け方の種類の中では最もポピュラーです。

次に配当が低く当たりやすいルーレットの賭け方の種類は「12点賭け」というルーレットの賭け方です。

12点賭けには2種類あり、数字の横一列の数字に賭けるか、縦3列順番の数字に賭けるか等で違ってきます。

どちらもテーブルのアウトサイドに賭け位置が存在しているので「アウトサイドベット」とも言われていました。

ルーレットでは36の数字の中から1つの数字しか当たりがないので、12点賭けのように「36の中から12つ当たりがある」というような多くの数字を当てるための賭け方が主流です。

他のルーレットの賭け方の種類はどれも配当が高く当選確率が少なくなるので、よほどのギャンブラーでなければベットしません。

例えば、数字をドンピシャで当てる1点賭けや、1点賭けよりは当たりやすい2点賭け、3点賭け等があります。

どのルーレットの賭け方の種類も配当と当選確率が反比例しています。

しかし、運の要素が強いルーレットの場合は、レッド・ブラックのような配当は低いけど当たりやすい賭け方で勝負をする人が多いです。

ルーレットの賭け方で禁止されている事とは!?

ルーレットの賭け方で禁止されている事を紹介します。

ルーレットの賭け方で禁止されている事とは!?

ルーレットの賭け方で禁止されている行為は、例えば「1~36・0の数字全てにベットする行為」です。

全てにベットすれば必ずどこかしらの数字が当たりになりますが、ギャンブル性は著しく損なわれてしまいますよね。

オンラインカジノによってはルーレットの連勝ボーナスにも関係してきます。

全部ベットは原則としてどこのオンラインカジノ(現実のカジノも同様)でもルーレットの賭け方で禁止となってます。

ルーレットの賭け方の禁止されている方法は、「レッド・ブラック」「奇数偶数」といった2分の1で当たるような賭け方も、例えば「レッドとブラックの2つにベットする」という行為もNGです。

これも全部ベットと変わらず、レッドかブラックの2種類しか色がないのに両方にベットしたら、必ずどちらかは勝利するからルーレットの賭け方で禁止とされています。

ルーレットの賭け方で禁止されている方法を試した場合、現実のカジノでもベットをストップされる可能性がありますし、オンラインカジノでも処理してもらえない可能性が高いです。

 

注意点万が一そのルーレットの賭け方で禁止されているものを使った場合、最悪の場合オンラインカジノでアカウント凍結されてしまうかもしれません!

ルーレットの賭け方で禁止されている行為は絶対に行わないようにしてください。

また、各オンラインカジノによっても賭け方で禁止事項が存在するので、そちらもチェックしておくといいでしょう。

ルーレットの賭け方の期待値計算方法

ルーレットの賭け方の期待値計算方法を紹介します。

ルーレットの賭け方の期待値計算方法

ルーレットの賭け方の期待値計算方法は「賭ける金額×勝つ確率×賞金倍率」です。

勝つ確率についてですが、ルーレットは基本的に0と1から36(アメリカンルーレットの場合は37まで数字があります)の数字で構成されています。

そのため、37からどの賭け方を活用したか(レッド・ブラック、1点賭けなど)で、勝つ確率は決まってきます。

賭ける金額は自分のベット金額で、賞金倍率は、当たった場合ベットが何倍まで膨れ上がるかの倍率のことです。

この勝つ確率と賞金倍率を掛けた場合、「36/37(アメリカンルーレットだと36/38)」となるでしょう。

そのため、「賭ける金額×36/37」で計算した方がルーレットの賭け方の期待値計算は簡単です。

ベットによってルーレットの賭け方の期待値計算の数値は変わってくます。

例えば、1,000円ベットした場合は「1000×36/37」で、ルーレットの賭け方の期待値は「約972円」となります。

期待値だけ考えたらベットよりも小さくなりますが、ルーレットの賭け方の期待値はあくまで「この勝負で平均していくら貰えるか」を算出する数字です。

ルーレットの賭け方の期待値は、勝てばベットが倍になり負ければ0になるだけだと考えてください。

そのため、勝ち続ければ自分の儲けは増えるというギャンブルの基本法則は変わりありません。

ルーレットの賭け方!赤黒必勝法!

ルーレットの賭け方「赤黒(レッド・ブラック)賭け」について紹介します。

ルーレットの賭け方!赤黒必勝法!

ルーレットの賭け方で赤黒(レッド・ブラック)賭けとは、玉がホイールのどの番号に入ったかではなく「赤黒どちらの色に玉が入ったか」で当たり外れが決まる賭け方です。

ルーレットのホイールによってそれぞれの数字に赤黒どちらに設定されているかはバラバラですが、色を見れば一目瞭然な賭け方で、なおかつ赤黒の2択を当てるだけなので、当たる倍率も高いです。

基本的に2回やって赤黒(レッド・ブラック)賭けを行えば1回は勝てる、ルーレットの賭け方の赤黒方法だと考えてください。

ただし、ルーレットには「0」の数字も入っていて、これは赤黒どちらでもありません。

そのため、厳密に言えば勝てる確率は2分の1ではなく、2分の1よりもわずかに下がった数値となります。

非常にシンプルなルーレットの賭け方で赤黒(レッド・ブラック)を主流にルーレットで勝負しているギャンブラーも多いです。

 

ポイントもちろん当たる倍率が高い分賞金倍率は低く設定されてしまいますので、大金を賭けたい場合は、赤黒のどちらかに高額ベットをして当てることになります。

赤黒どちらか当てればいいだけなので、ルーレットの難しいルールを把握していなくても賭けることができる賭け方です。

初心者の方は、まずはルーレットの賭け方で赤黒(レッド・ブラック)賭けを駆使してルーレットで勝負することをおすすめしています。

赤黒だけでなく、プロも利用しているルーレットの必勝法について詳しく解説しています。

↓↓↓

ルーレットの賭け方!ルールや種類、禁止事項など徹底解説!【初心者必読】

堅実に賭ける手法こそ、何百万と稼ぐプロ達が実践している方法です。

ルーレットの賭け方のコツ!

ルーレットの賭け方のコツについて紹介します。

ルーレットの賭け方のコツ!

例えば、数字をドンピシャで当てる1点賭けの場合は、当たる確率は36分の1ですが、当たれば大抵は36倍のベットを取り戻すことができます。

要するに、当たればでかいけど当たらない可能性が非常に高いのだと考えてください。

逆に、赤黒(レッド・ブラック)等の2択ベットの場合は、赤黒の2択で当たる確率は2分の1、そのかわり賞金倍率は2倍程度になってしまいます。

ルーレットの賭け方のコツですが、基本的には「赤黒等の倍率の低い賭け方でやや大きいベットを行って勝負する」ようにしてください。

このルーレットの賭け方のコツについて詳しく解説します。

まずは、1800円を赤で賭ける賭け方と、100円を「数字の1」に賭ける賭け方を想像してみてください。

赤に賭けた場合は2分の1で賭け金2倍の3600円を手に入れることができますが、1に賭けた場合は、3600円を入手する確率は36分の1です。

もちろん赤賭けの方が敗けた場合のリスクは大きいのですが、1に賭けた場合は18回(1800円にベットが到達するタイミング)やっても勝てないかもしれません。

そう考えると、赤黒に賭ける賭け方の方がシンプルかつ大金を手に入れることができますよね。

 

ポイントへたに博打するのは正しいルーレットの賭け方のコツとは言えず、堅実にやりながら利益を出せるような賭け方を実践するのが、ルーレットで賭け方コツとなります。

 

ルーレットのプロの攻略法や生活についても見ておくと、コツを掴むカギになるかもしれませんよ。

↓↓↓

ルーレットのプロが使用している攻略法を伝授!【必見情報】

プロのマル秘情報を仕入れて、同じように稼いでみてください!

ルーレットの賭け方!0は狙える!?

ルーレットの賭け方!0について紹介します。

ルーレットの賭け方!0は狙える!?

ルーレットの賭け方で0に賭ける方法も当然存在します。

テーブルにはちゃんと「0」の数字も用意されていて、そこにコインを置けば、必然的に0にベットしたことになるでしょう。

ホイール内にもちゃんと0の数字の枠がありますので、玉がその0枠に入ることができれば、晴れて0賭け成功だと考えてください。

数字の0はルーレットにおいては嫌われやすい数字です。

なぜなら、赤黒・ハイロー・奇数偶数等約2分の1で当たる賭け方で、万が一0が当選した場合、どちらに賭けていようが関係なく外れ扱いになるからです。

そのため、ルーレットをプレイしている人は、無意識のうちにルーレットの賭け方で0は避ける傾向にあります。

しかし、ルーレットの賭け方で0の枠も他の1から36の数字と同じ広さなので、入る確率は他と全く変わりはありません。

0から36の中の1つなので、当たる確率はどれも「37分の1」だと考えてください。

したがって、1点賭けするなら当然、ルーレットの賭け方に0に賭けるというのも存在しますし、当たる確率は1や2等の色の付いた数字とは変わらないでしょう。

 

ポイントただし、ルーレットの賭け方で0に賭けるよりは、赤黒等の約2分の1で当たる賭け方をした方が、ルーレットでは勝てる可能性が高いです。

あくまでも「大穴狙いで賞金倍率の高いベットをするならルーレットの賭け方で0賭けもありえる」程度に考えておきましょう。

ルーレットの賭け方で確率を上げるために必要な知識

ルーレットの賭け方で確率を上げるために必要な知識について紹介します。

ルーレットの賭け方で確率を上げるために必要な知識

ルーレットは基本的に運の勝負です。

ディーラーが玉をどこに入れるかはディーラーにもわかりませんので、勝つためのルーレットの賭け方の確率は「どの相反する賭け方をしたとしても平等」だと考えて構いません。

ルーレットの賭け方の確率は赤黒の賭け方だと赤黒どちらも約2分の1ですし、数字で1点賭けするのであれば、変わらず37分の1です。

しかし、ルーレットで富を築き上げているギャンブラーがいることも事実です。

彼らは「ルーレットの賭け方」を工夫して、トータルで勝つ確率を上げているのだと考えてください。

例えば、バカラ等で使われる「モンテカルロ法」や「マーチンゲール法」はルーレットにおいても低い賞金倍率の勝負なら実践可能です。

実践するにおいてある程度の資産は必要ではありますが、モンテカルロ法やマーチンゲール法に則った賭け方をすれば、大負けする可能性は限りなく低くなるでしょう。

これらの賭け方は、ルーレットの賭け方で確率を上げるための必要な知識なのだと考えてください。

ただし、中にはこれらの賭け方を禁止しているオンラインカジノもありますので、注意してください。

ルーレットの場合は赤黒(レッド・ブラック)やハイローに賭けても最悪約50%で勝つことはできるので、連続記録等を考えて「次はどっちに入るか」を考えて勝負しましょう。

 

上でも触れているモンテカルロ法とマーチンゲール法は、ルーレットの賭け方の戦略として頭に入れておくと、臨機応変に使う事ができます。

難しい…と思うかもしれませんが、ゲームして勝つためには必要なので覚えておきましょう。

マーチンゲールについてはこちらを参考にしてください。

↓↓↓

マーチンゲール法はカジノで禁止!?実践法とシミュレーション

「当たる倍率(配当)」が2倍のゲームで使われる戦略と言われていますから、覚えておいて損はありません。

 

そしてもう一つ、モンテカルロ法については、下の記事でまとめています。

↓↓↓

モンテカルロ法はカジノで禁止するべき!?シミュレーションや実践方法

プロも使っているこの戦略は一攫千金を狙う方法としても知られています。

ルーレットの賭け方~用語集!

ルーレットの賭け方に関する用語集を紹介します!

ルーレットの賭け方~用語集!

オンラインカジノの場合は用語を覚えていなくてもプレイすることはできます。

ですが、ルーレットの賭け方は用語を覚えておいた方が、馴染みも早くなります!

今回は、ルーレットの賭け方の基礎用語を5つ紹介します。

 

インサイドベット0及び1から36までの数字が記載されているテーブルにコインを置くことです。
要するに、赤黒(レッド・ブラック)や奇数偶数のような勝つ確率の高い賭け方ではなく、「出る数字そのものに賭ける賭け方」だと考えてください。
基本的なルーレットの賭け方の用語のひとつで、反義語は「アウトサイドベット」です。
ストレート・ベットストレート・ベットは、いわゆる「1点賭け」というルーレットの賭け方の用語です。
ストレート・ベットは勝つ確率は低いのですが、万が一勝つことができればルーレットのモチベも上がります。
ルーレットの流れに乗っていると感じたら、ストレート・ベットで勝負してみましょう。
アウトサイドベットインサイドベットの反対で、アウトサイドベットというルーレットの賭け方の用語は「数字そのものではなく赤黒や奇数偶数等の当たる数字の該当種類」を当てる賭け方です。
テーブル内の数字以外の場所を「アウトサイド」といい、そこにコインを置けば、自然とアウトサイドベットしたことになります。
サレンダー0もしくは00が出た場合、プレイヤーとディーラーでベット金額を分けるルールのことです。
元々はブラックジャックで使われていた「放棄」という意味のカジノ用語ですが、ルーレットの賭け事の用語でも使われます。

 

このサレンダーは使うタイミングがあります。

ブラックジャックのルールとして解説していますが、参考になるので読んでみてください。

↓↓↓

ブラックジャックのサレンダーを完全解説!

負けるとわかっている時に良いタイミングで使いたいですね。

 

レイアウトベット対象(数字)の一覧を指す、ルーレットの賭け事の用語です。
これはホイールかテーブルを見れば一目瞭然で、例えば「1は赤なんだな」ということがわかります。

ルーレットの賭け方でおすすめはどれ?!

ルーレットの賭け方のおすすめについて解説します!

ルーレットの賭け方のおすすめ

これまでルーレットについて解説してきましたが、沢山あるルーレットの賭け方でおすすめを紹介します!

結論としてはモンテカルロ法、マーチンゲール法を用いるルーレットの賭け方がおすすめです。

2倍配当が可能なゲームではモンテカルロ法、マーチンゲール法との相性が良く、堅実に勝ちを重ねることが可能になります。

パチンコで生活費を稼ぐ「パチプロ」がいるように、カジノでも生計を立てるプロがいます。

中には月に1000万以上稼ぐ猛者も世の中には存在します。

 

そういったカジノで勝ち続けている方も、ルーレットの賭け方でおすすめしているのがモンテカルロ法とマーチンゲール法になります。

ギャンブルといえば1発ドカンと10倍以上の配当を狙いたくなるものですが、「毎月」勝ち続けているプロは堅実に勝つ手法をとっています。

初心者の遊びとプロの本気の違いがお分かり頂けるかと思います!

 

ギャンブルは極論「運」ですが、上手い人ほど運の要素を極力減らすような手法を徹底しています。

プロも紹介する、ルーレットの賭け方でおすすめの「マーチンゲール法」「モンテカルロ法」を是非お試し下さい!

-ゲームの種類

Copyright© ビリカジ , 2020 All Rights Reserved.