ビリカジはオンラインカジノのサイトです。

ビリカジ

マーチンゲール法はカジノで禁止!?実践法とシミュレーション

オンラインカジノ攻略法

マーチンゲール法はカジノで禁止!?実践法とシミュレーション

更新日:

マーチンゲール法はカジノで禁止されているのか!?

マーチンゲール法の実践法やシミュレーション、勝率について徹底解説していきます。

オンラインカジノで儲けるための「ひとつの方法」として、マーチンゲール法をマスターすることをおすすめします。

是非参考にしてみてください!

マーチンゲール法はカジノで禁止されている!?

マーチンゲール法がカジノで禁止されているか見ていきましょう。

マーチンゲール法はカジノで禁止されている!?

マーチンゲール法はカジノで勝率の高い賭け方とされているのですが、オンラインカジノでは特に禁止されているわけではありません。

大勢のプレイヤーがマーチンゲール法をカジノで実践しているので、マーチンゲール法を使ったせいでアカウント停止される可能性は少ないと考えてください。

現実ではマチンゲール法をカジノで使うのを禁止している所もありますが、禁止していない方が多いです。

マーチンゲール法はカジノでは安定した賭け方であるとはいえ、禁止するくらいカジノ店舗に損失が出るわけではないからです。

ちなみに、マーチンゲール法も「ベット回数を重ねるごとに賭け金(ベット)も大きくなる」仕組みになっています。

そのため、万が一負け続けた場合は当然負けてしまうことになりますし、最後の最後で一番大きい金額を賭けて負ける可能性だってあるにはあります。

そのようなケースはカジノ側の勝利となるので、マーチンゲール法がカジノで禁止とまではいかないのでしょう。

マーチンゲール法をオンラインカジノで使えば勝率を上げることはできますが、あくまで「安定して勝つ」というスタンスと思われているのだと思って構いません。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは?マーチンゲール法の方法や仕組みについて紹介します。

マーチンゲール法とは?

ギャンブルを行う際に「戦略」を立てるかと思いますが、マーチンゲール法もオンラインカジノをはじめ、様々なギャンブルの戦略のひとつです。

マーチンゲール法とは、主に「賭け方」に関する戦略で、この方法を使うことで、大負けとは無縁となる可能性がグッと高くなります。

主に「当たる倍率(配当)」が2倍のゲームで使われる戦略となります。

マーチンゲール法とは、最初に「1ドル」を賭けて勝負します。

これ以降負けたら「前の勝負に賭けた2倍の数」を賭けて勝負して、それを勝つまで続けてください。

配当が2倍であれば50%の確率で勝つか負けるかの勝負なので、ベットを多くしてどこかで勝つことができれば、その時点で利益になることが多いです。

マーチンゲール法でルーレットを実践!

マーチンゲール法をルーレットで実践してみました!

どうやってマーチンゲール法をルーレットで実践すればいいか紹介します。

マーチンゲール法でルーレットを実践!

マーチンゲール法をルーレットで実践する場合は、「配当が2倍になるように賭ける」ようにする必要があります。

単純なルーレットだと、「赤か黒か賭ける」「1~50まで好きな数字を好きな数だけにベットすることができる」というような、50%で当たるような、マーチンゲール法が使えるルーレットを探してください。

このような単純ルーレットもオンラインカジノにはたくさんあるので、探すのにそこまで手間はかかりりません。

マーチンゲール法を実践できそうなルーレットを見つけたら、まずは1ドルで配当が2倍の50%で勝負するようにしてください。

万が一単純なルールでないルーレットでも、賭け方によっては50%近く勝てる勝負に持っていくことができるかもしれません。

 

マーチンゲール法のルーレット戦績ですが、「1回の勝負」での勝率は50%から揺るぎません。

勝てるか勝てないかは自分の運次第になります。

 

マーチンゲール法でルーレットで儲けるか儲けることができないかの勝率は高いです。

50%の勝負に負けまくって結局大金を失う可能性もあるにはありますが、1回勝てば負け分を取り戻すことができる可能性は高いです。

 

マーチンゲール法は今話題のオンラインカジノでも勝てる手法として人気です。

オンラインカジノは家でできるカジノとして人気が高くなっていて、しかも合法なので安心です。

僕も以前はパチンコや競馬にハマっていましたが、今はオンラインカジノにハマっています。

オンカジの中でもベラジョンカジノは日本語に対応している事で、利用者が多いです。

遊べるゲームの種類も豊富なので一度チェックしてみてください。

↓↓↓

ベラジョンカジノの登録方法からゲームの攻略法!人気No.1の評判は本当か!?

最初はボーナスがもらえるので無料で遊べるのもうれしいポイントです。

友達はマーチンゲール法を使って早くも20万ほど勝っています。

マーチンゲール法をシミュレーション!どのくらい稼げるのか!?

マーチンゲール法をシミュレーション!

どのくらい稼げるのか紹介します。

マーチンゲール法をシミュレーション!どのくらい稼げるのか!?

マーチンゲール法は「モンテカルロ法」よりも計算が単純です。

そのため、オンラインカジノで立ち回るため、マーチンゲール法のシミュレーションも非常に簡単です。

実践する前にマーチンゲール法のシミュレーションしておくのをおすすめします。

 

マーチンゲール法のシミュレーションをしたい場合は、やり方を抑えておく必要があります。

まずは、「1番最初に1ドル賭けた」という前提でマーチンゲール法のシミュレーションしてみてください。

マーチンゲール法の簡単な流れと収支に関しては以下の通りとなります。

 

回数 ベット 勝敗 収支
1回目 1ドル 負け -1
2回目 2ドル 負け -3
3回目 4ドル 負け -7
4回目 8ドル 勝ち 1

 

3回目の時点で7ドル負けていたのですが、4回目に前回のベットの2倍(8ドル)賭けて8ドル戻ってきました。

少ないですが収益を出すことができましたよね。

勝った場合はまた土台となるベットを決定して、勝負を継続してください。

マーチンゲール法をシミュレーションした結果、負けが続いてもどこかで勝てば儲けを出すことができることがわかりました。

しかし、勝った場合はベット額もリセットされるので、爆発的に勝つためには元のベット数が大きくないといけません。

マーチンゲール法は勝率そのものは安定しているのですが、一気に稼ぐには向いていない方法です。

マーチンゲール法の計算方法を徹底解説!

マーチンゲール法の計算方法を徹底解説していきます!

マーチンゲール法の計算方法を徹底解説!

マーチンゲール法の計算方法ですが、ベットして負けたらそのベット数の2倍賭けるという賭け方です。

1ドル賭けて負けたら2ドル、また負けたら4ドルというように、負ける度にどんどんベット額が上がっていくのがマーチンゲール法の計算の特徴です。

仮に上記の例で4回目(8ドルベット)で勝ったとしたら、1ドル、2ドル、4ドルをそれぞれ取られているので、合計7ドル負けです。

この時に8ドル勝ったので、8-7で1ドルは自分の儲けとなります。

マーチンゲール法の計算方法自体は簡単で、誰でもシミュレーション・実践できる計算方法・攻略法ですよね。

ただし、元からお金を持っていなかった場合、マーチンゲール法で勝負しにくいかもしれません。

どんどんベット額が上がるので、負け続けた場合、持ち金が底をついてしまうからです。

いくらマーチンゲール法の計算方法がわかっても、実践ではマーチンゲール法を使って50%の勝利を引けるかはわかりません。

シミュレーションする場合は、勝ち負けランダムでシミュレーションしてみましょう。

一度でも勝った場合は、また一番最初に戻って賭け金額を決定してください(必ずしも1ドルから始めなくてもいいです)。

マーチンゲール法の計算方法から、運が悪すぎて負け続けない限りは負けた分を取り返すことができることがわかります。

マーチンゲールの期待値とは?

マーチンゲール法の期待値について紹介します。

マーチンゲールの期待値とは?

マーチンゲール法の期待値とは、「マーチンゲール法を使ってそのゲームに勝つ可能性」のことです。

例えば、マーチンゲール法は2分の1で負け続けたとしても最後の1回でも勝つことができれば、儲けを出すことができますよね。

そのため、「賭けに勝つ期待値」そのものは非常に高いです。

マーチンゲール法でルーレットを行うと考えてください。

勝率は50%なので、1回目に勝てる可能性は50%、仮に1回目負けの50%を引いたとしても、次は50%で勝つことができます。

そのため、マーチンゲール法で2回賭けをして2回とも負ける可能性は、単純計算で25%です

残りの75%は「マーチンゲール法を使って勝つ確率」なので、マーチンゲール法の期待値がいかに高いかがわかるでしょう。

この期待値は、マーチンゲール法を使って負けるごとに増えていきます。

ただし、運悪く負け続けた場合、大きくなるベット金額がそのまま損失になってしまいます。

ちなみに、1ドル賭けでマーチンゲール法をして「6回まで負けていい」と決めていた場合のマーチンゲール法の期待値は、約98%です。

マーチンゲール法は、持ち金切れさえ考えなければ高確率で勝てる賭け方だと思って構いません。

マーチンゲル法の確率は!?結局勝てるのか!?

マーチンゲール法の確率ついて紹介します!

結局、マーチンゲール法はどの程度勝てる賭け方なのか見ていきましょう。

マーチンゲル法の確率は!?結局勝てるのか!?

配当が2倍のルーレットを行った場合のマーチンゲール法の確率は以下の通りです。

ベット回数 儲けがでない(負け・負け続けの確率)
1回 50%
2回 25%
3回 12.25%
4回 6.25%
5回 3.13%

5回ベットした場合、1回も当たりを引けないマーチンゲール法の確率は3.13%です。

ただし、1回でも勝つことができれば賭けに勝つことができるので、逆に考えると約97%は勝つ確率になるわけです。

期待値が高いことを示していますが、このマーチンゲール法の確率は非常に魅力的ですよね。

問題は、仮に5回負け続けた場合です。

マーチンゲール法でシミュレーションすると、1ドルスタートで5回負け続けた場合、31ドル損をしてしまいます。

5回負け続ける確率は3.13%しかありませんが、万が一その3.13%を引くと大損してしまうということです。

マーチンゲール法は勝つ確率そのものは高いのですが、少ない負けのリスクを引くと痛いのが特徴です。

 

上で書いたように、マーチンゲール法は非常に勝つ確率が高い方法です。

以前からカジノやFX、株などでも愛用されてきた手法です。

そんなマーチンゲール法を使って勝てると今話題なのがオンラインカジノです。

オンラインカジノは好きな時にできて競馬やパチスロよりも勝率が高いのが魅力です。

僕が愛用しているオンラインカジノなどおすすめできるものだけを紹介しているのでチェックしてみてください。

↓↓↓

オンラインカジノおすすめ人気ランキング【2019年最新版】初心者からベテランまで

昔はオンラインカジノと言えば、怪しいイメージを僕も持っていました。

今では日本の有名企業も資金を出していたりなど安全なところが増えています。

初心者の方は怪しい所にダマされないようにランキングのカジノから始めるのをおすすめします。

マーチンゲール法で負けるわけとは!?

マーチンゲール法で負ける理由について紹介します。

マーチンゲール法で負けるわけとは!?

マーチンゲール法で負ける理由で一番多いのは、「持ち金が少ない状態でマーチンゲール法を試したこと」です。

30ドルでマーチンゲール法を使った例を見ていきましょう。

マーチンゲール法は1回負けるごとに賭け金を倍にする賭け方なので、1ドル、2ドル、4ドル、8ドルのように賭け金が上がっていきます。

このように負けた場合、「負けたベットは負け金として積み重なっている」ということになります。

仮に1ドルスタートで4回負けた場合は、1+2+4+8で15ドル負けることになりますよね。

次は16ドルで勝負するのが正しいマーチンゲール法ですが、15ドル負けて残り15ドルしかないので勝負することもできません。

つまり、「30ドルしかない状態でマーチンゲール法で負けることができるのは4回まで」ということになります。

負け続ける確率が低いのは間違いないのですが、運が悪すぎてたまたま負けることが多い場合は、マーチンゲール法でも負ける事になるでしょう。

手持ちが少ないのであれば試行回数を増やすこともできないので、マーチンゲールの負ける確率も上がってしまいます。

マーチンゲール法とモンテカルロ法、どちらが有利!?メリットとデメリット

マーチンゲール法とモンテカルロ法、どちらのほうが有利か紹介します!

マーチンゲール法とモンテカルロ法、どちらが有利!?メリットとデメリット

マーチンゲール法もモンテカルロ法も配当が2倍(3倍)の時に使う賭け方です。

この2つ、マーチンゲール法もモンテカルロ法の賭け方のメリットデメリットから、どちらが有利か推測していきます。

マーチンゲール法は計算方法が単純で、50%のはずれを引いたとしてもどこかで1つでも当たれば元を取り返すことができるのがメリットですよね。

その代わり、持ち金の底が尽きるまで負けた場合、大損してしまいます。

これはマーチンゲール法を使う上で最も気を付けておきたいデメリットです。

対するモンテカルロ法は、マーチンゲール法よりは計算が複雑です。

モンテカルロ法もマーチンゲール法と同じく、負ける度にベットを増やしていくのですが、倍額ベットするようなことはありません。

そのため、負け続けたとしてもマーチンゲール法よりは損しなくて済みます。

その代わり、モンテカルロ法を使う場合、1回の勝利だけでは元を取れない可能性が高いです。

マーチンゲール法よりは50%の勝ちを引くことが求められるのがデメリットとなるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法どちらを選択するか考えてみましょう。

 

マーチンゲール法もモンテカルロ法とどちらも安定して勝つことができる賭け方ですが、マーチンゲール法の方が勝てる確率は高いです。
ただし、万が一負けた場合の損失が大きすぎるので、「大きく損したくない」のであればモンテカルロ法をおすすめします。
高い確率で勝ちたいのでれば、マーチンゲール法でいいでしょう。

 

モンテカルロ法の実践やシミュレーションは下の記事で詳しく書いているので、読んでみてください。

↓↓↓

モンテカルロ法はカジノで禁止するべき!?シミュレーションや実践方法

マーチンゲール法とモンテカルロ法、オンラインカジノをする上では知っておいた方が良い戦略です。

マーチンゲール法とココモ法を比較!実践向きはどっち!?

マーチンゲール法とココモ法を比較してみました!

実践向きがどちらか考えてみましょう。

マーチンゲール法とココモ法を比較!実践向きはどっち!?

ココモ法とは、マーチンゲール法から派生した賭け方だと言われています。

まず、1回目と2回目のベット額を決めてください(なんでもいいです)。

両方とも負けてしまった場合、次は1回目と2回目のベット合計を3回目の勝負でベットする方法です。

4回目は2回目と3回目というように、2つ前の勝負のベットがどんどん上乗せされていきます。

マーチゲール法とココモ法の大きな違いは、「向いている配当の違い」です。

マーチンゲール法は配当が2倍(3倍)の場合に実践されますが、ココモ法はそれよりも高い倍率での勝負で実践してください。

ココモ法は2倍配当の勝負では不向きで、勝ち数が多かったとしても利益を出すことができないからです。

そのため、マーチンゲール法とココモ法はお互い似た戦略でありながら、比較するのは困難だと言われています。

それぞれが向いている配当があるので、その配当に応じて、どちらの戦略を使うか決定してください。

マーチンゲール法とココモ法とどちらがより実践向きかと言われると、2倍配当で通用し、なおかつ賭け方も簡単なマーチンゲール法でしょう。

ベットを倍額にしていけばいいだけなので、至ってシンプルですよね。

-オンラインカジノ攻略法

Copyright© ビリカジ , 2019 All Rights Reserved.