ビリカジはオンラインカジノのサイトです。

ビリカジ

オンラインカジノの税金対策!計算や確定申告の方法

オンラインカジノ基本

オンラインカジノの税金対策!計算や確定申告の方法

投稿日:

オンラインカジノの税金対策!

計算や確定申告の方法を徹底解説していきます!

オンラインカジノには税金がかかってしまいますよね。

その税金の計算方法や確定申告を詳しくチェックして、少しでも税金として取られる金額を節約しましょう!

オンラインカジノは税金がかかる!?どうなるの!?

オンラインカジノは税金がかかるのか、まずは詳しく見ていきましょう!

オンラインカジノは税金がかかる!?どうなるの!?

オンラインカジノで収益を出した場合、税金がかかってしまいます。

同じギャンブルであるパチンコや千載一遇で大金を手に入れることができる宝くじでは税金がかからないのに、なぜオンラインカジノだけ税金がかかるのでしょう。

 

その答えは、「オンラインカジノの出金方法」にありました。

 

オンラインカジノはどのような出金方法を選択したとしても、大抵の場合は「銀行を通じて出金する」ことになりますよね。

そのため、オンラインカジノでの出金記録は銀行口座を見れば一目瞭然ですよね。

 

税務署がチェックした際に、「謎の収益がある」とすぐにわかってしまいます。

 

パチンコの場合は景品がそのまま現金に換金されるので、税務署でチェックすることは非常に困難です。

オンラインカジノの場合はチェックが簡単であることから、税金の対象となってしまいます。

 

オンラインカジノで収益を得たにも関わらず税金を払っていない場合、もしかしたら刑事責任に問われるかもしれません。

実際にオンラインカジノや競輪・競馬による収益を確定申告せず税金を払わなかった人が裁判で負ける事例も発生しています。

 

万が一オンラインカジノで勝ち続けた場合は、忘れずに税金を支払うようにしてください。

 

どのオンラインカジノのゲームで勝ったら税金はかかりますが…。(笑)

下の記事で日本人に人気、初心者さんでも遊びやすいなどおすすめのオンラインカジノをご紹介しています。

↓↓↓

オンラインカジノおすすめ人気ランキング【2019年最新版】初心者からベテランまで

僕も税金を払うのはイヤですが、逆に言うとそれくらい勝てるのがオンラインカジノです。

初めて勝った時は税金の事など忘れて豪遊してしまい、少しピンチになりました。(笑)

オンラインカジノの税金が発生するタイミングは!?

オンラインカジノの税金が発生するタイミングについて紹介します。

オンラインカジノの税金が発生するタイミングは!?

本来の所得税に関しては、2月~3月に行われる「確定申告」の対象となりますよね。

確定申告の会場で昨年1年間の収益を算出して、最終的に税金の金額が決まります。

 

オンラインカジノの税金も、他の所得と変わらず「1年間の収入」を合わせて計算されます。

例えば、2019年6月に400万円、8月に600万円儲けた場合、合計の1000万円が2020年の2月~3月に行われる確定申告の対象となります。

 

オンラインカジノで儲けを出した瞬間に税金が取られるわけではないので、そこは安心してください。

ただし、翌年の2月~3月の間に儲け分の税金を支払わなくてはいけません。

これは確定申告で支払うことができる税金ですが、忘れないように注意してください。

 

このオンラインカジノの税金は「オンラインカジノで勝利したタイミング」ではなく「儲けを銀行へ出金したタイミング」でかかります。

そのため、オンラインカジノサイトに儲け額を貯金しておいて、コツコツ儲けを引き出すことで、税務署などにバレずに税金を抑えることができるかもしれません。

 

あまりに多くの金額がオンラインカジノサイトから届けられた場合、足がついてしまいます。

 

オンラインカジノの税金の計算ってどうやるの!?

オンラインカジノの税金の計算方法について紹介します。

オンラインカジノの税金の計算ってどうやるの!?

オンラインカジノの税金計算方法ですが、基本的には「総収入-総支出-特別控除額」で計算されます(これを一時所得といいます)。

特別控除額の最大金額は「50万円」なので、総収入-総支出が50万円に満たない場合は、オンラインカジノの収益を確定申告しなくてもいいことになります。

 

例えば、「総収入90万円で総支出が30万円」だった場合は60万円所得したことになるので、税金の対象となります。

気を付けておきたいのは、「支出額」についてです。

この支出額についてですが、「オンラインカジノで負けた分の金額」を加算してはいけません。

 

仮に「40万円賭けて10万円返ってきた場合」は30万円分オンラインカジノで負けたことになりますが、これは支出としてカウントしません。

そのため「オンラインカジノで勝った場合に課税され、負けても課税分は減額されない」ことになります。

 

オンラインカジノで勝った金額がそのまま税金の対象になってしまうのだと考えてください。

オンラインカジノによる「税率」に関してですが、これは「総収入の金額」によって変わります。

 

4000万円勝利した場合は「40%」も税金として取られてしまうので注意してください。

さらに、4000万円勝って5000万円負けた場合も、この5000万円に関しては損失に計算できないので、4000万円の40%を税金として支払わなければいけません。

 

オンラインカジノの税金は確定申告しましょう!しないとどうなるの!?

オンラインカジノの税金は「確定申告」で支払うようにしてください!

確定申告しなかった場合はどうなるかも紹介します。

オンラインカジノの税金は確定申告しましょう!しないとどうなるの!?

オンラインカジノには税金がかかってしまいますが、これは確定申告によって支払うことができます。

確定申告を行った日(大抵2月~3月)に、昨年オンラインカジノで得た収入分の確定申告を行ってください。

 

オンラインカジノの税金を確定申告せず支払わなかった場合はどうなってしまうのでしょう?

例え税金の金額が少額だったとしても、「脱税」となってしまいます!

 

脱税とは「払うべき税金を払っていない、不当に減額する行為」のことです。

よくオンラインカジノの儲けが確定申告の対象となることを知らなかったという人もいますが、彼らは刑事的責任に問われる可能性もあります。

 

オンラインカジノではありませんが、インターネットで馬券を購入して収益を出し、結局税金を支払わずに罰金1200万円の支払いが命じられた事例もあります。

 

ただし、オンラインカジノの儲けが少額である場合、他に稼いでいる人のチェックに時間を取られる可能性が高いですよね。

 

その場合は税務署から注意が来ないかもしれません。

 

とはいえ、万が一に備えてオンラインカジノの儲けで発生する税金は、確定申告で支払いしておいたほうがいいことは確かです。

 

オンラインカジノの税金をできるだけ払わない・少なくする方法

オンラインカジノの税金をできるだけ払わない・少なくする方法を徹底解説していきます!

オンラインカジノの税金をできるだけ払わない・少なくする方法

オンラインカジノで稼いだお金も大切な「資産」なので、できることなら例え税金だとしても失いたくはないですよね。

そのような場合は、「税金のかからないようにオンラインカジノで遊ぶ方法」を実践したほうがいいです。

 

オンラインカジノの税金は「特別控除」の対象となっていて、総収入が50万円以下なら免除してもらうことができます。

そのため、儲けが50万円以上にならないように調整するのが一番手早い対処法となります。

 

万が一50万円以上儲けそうだと思った場合、儲けとして獲得したお金をすぐに電子決済などで銀行口座に出金しないようにしてください。

引き出し額を50万円以下にすることで、例え税務署から銀行口座をチェックされたとしても問題はありませんよね。

 

また、オンラインカジノの結果によっては「収入より損失のほうが多いのに収入が出たせいで税金を支払わなくてはいけなくなる場合」もあります。

そのようなケースがないように、オンラインカジノの収支をしっかりとつけておくようにしてください。

 

オンラインカジノの収支をつけることによって「無理な勝負」を避けることもできますよね。

 

オンラインカジノで儲けたお金を現金に換金するのではなくポイントとして使えるヴィーナスポイントはちょっとした税金対策になります。

ヴィーナスポイントの登録や入金方法、使えるオンカジを下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

↓↓↓

ヴィーナスポイントの入金出金、登録方法!使い方や使えるカジノ一覧

ヴィーナスポイントをうまく活用してオンラインカジノの税金対策をしてみてください。

オンラインカジノの税金を払ったら会社にバレる!?

オンラインカジノの税金を払った場合、会社にバレてしまうのか見ていきましょう!

オンラインカジノの税金を払ったら会社にバレる!?

会社によっては「副業禁止」という規則があるところもありますよね。

そのような会社でオンラインカジノで儲けたことが知られた場合、最悪の場合解雇されてしまいます。

 

厳密にいうとオンラインカジノは副業ではないのですが、雇用外で収益を出しているわけなので、副業と疑われても仕方ありませんよね。

オンラインカジノをプレイしているという「足」がつく可能性が一番高いのが「税金」です!

 

本来なら会社の年末調整とオンラインカジノの確定申告は全く別の収入のものですよね。

しかし、確定申告する際に「徴収方法」を選択する項目があります。

この項目に「会社の給料等から天引き」を選択した場合、会社にオンラインカジノの税金を払っていることがバレる可能性があります。

 

会社の経理係が従業員が支払う税額を控除して給料が支払われるのですが、本来なら会社で給料が上がらない限りは税金の控除額は増えません。

しかし、オンラインカジノの税金を支払った場合、なぜか控除額が増えていることになりますよね。

「もしかしたら副業で稼いだから控除額が増えたのではないか」と疑われてしまうわけです。

 

オンラインカジノの税金を払う際、徴収方法に給料徴収以外の方法を選択するようにしてください!

 

-オンラインカジノ基本

Copyright© ビリカジ , 2019 All Rights Reserved.