ビリカジはオンラインカジノのサイトです。

ビリカジ

ヴィーナスポイントの入金出金、登録方法!使い方や使えるカジノ一覧

オンラインカジノ基本

ヴィーナスポイントの入金出金、登録方法!使い方や使えるカジノ一覧

投稿日:

ヴィーナスポイントの入金出金、登録方法を紹介します!

よくオンラインカジノで「ヴィーナスポイント入金(出金)」を選択している人がいますよね。

おすすめポイントや詳細、使い方や使えるカジノを詳しく解説していきます!

ヴィーナスポイントの入金方法は!?

ヴィーナスポイントの入金方法について紹介します。

ヴィーナスポイントの入金方法は!?

ヴィーナスポイント入金の特徴ですが、実は直接現金をヴィーナスポイントに入金することができません。

例えば、銀行口座やクレジットカードを使って、ヴィーナスポイントに入金・振り込むことはできないので、注意してください。

ヴィーナスポイントの入金は「オンラインカジノの勝ち金やポイント」を使ってすることができます。

例えばオンラインカジノ(ベラジョンカジノ等)で勝ったお金を換金せず、ヴィーナスポイントに入金することができるわけです。

 

税金対策等で現金に替えたくないけれど、他のオンラインカジノで遊ぶためのお金が欲しい場合等に有効ですよね。

詳しいヴィーナスポイントの入金方法ですが、まずは会員登録しなければいけません。

個人情報やメールアドレス、パスワードを入力してください。

新規会員登録したら、ヴィーナスポイントへ入金したいオンラインカジノにアクセスして、ポイント送付の手続きを取ってください。

例えば、ベラジョンカジノのお金をジパングカジノでも使いたい場合は、お金を移す側のベラジョンカジノで手続きをすればOKです。

大抵、オンラインカジノ側で「入金方法選択」のような項目があるので、ヴィーナスポイントを選択してしてください。

ヴィーナスポイントの出金方法と上限はいくら!?

ヴィーナスポイントの出金方法と出金上限について紹介します!

ヴィーナスポイントの出金方法と上限はいくら!?

現金(銀行口座のお金)で入金できないのですが、ヴィーナスポイントの出金の場合は銀行口座へ送金することができると覚えておいてください。

自分の銀行口座等にヴィーナスポイントから出金したい場合は、「換金」を選択してください。

 

換金先の銀行口座の情報やパスワードを入力すると、ヴィーナスポイントで出金し(引き出した金額分)、銀行口座等に送金することができます。

ヴィーナスポイントの出金は、「翌日の銀行営業日」までに行われることがほとんどですが、休業日を跨いだ場合は出金が少し遅れるかもしれません。

また、ポイントがドルに換算されるので、例えば10ポイント換金(出金)したら、10ドル分の日本円が銀行に送金されることになります。

ヴィーナスポイントの出金上限も見ていきましょう。

ヴィーナスポイントの出金上限は、「1日あたり20,000ポイント」になります。

つまり、20,000ドルが出金上限となるわけです。

1ドル100円と考えて、おおよそ200万円がヴィーナスポイントの出金上限と考えてください。

ヴィーナスポイントには出金上限もありますが、「出金下限」もあります。

出金下限は50ドルです。

ヴィーナスポイントとは!?

ヴィーナスポイントとは!?オンラインカジノの出金や入金で利用するサービスの詳細とは、どういったものか紹介します!

ヴィーナスポイントとは!?

ヴィーナスポイントとはオンラインウォレットのひとつで、「ポイントの貯金・換金サービス」のことです。

専用サイト(専用アプリ)が用意されていて、そのサイト(アプリ)がポイントを管理してくれるわけですよね。

例えば、オンラインカジノの儲けをポイントにして貯金して、他のオンラインカジノに送金することができます。

ひとつのオンラインカジノで勝負している人とは縁のないサービスかもしれませんが、「複数のオンラインカジノサイトで勝負したい人」にとってなくてはならないサービスです。

軍資金を管理して、幅広い勝負を行うことができますよね。

ヴィーナスポイントの登録方法を解説!

ヴィーナスポイントの登録方法について紹介します!

ヴィーナスポイントの登録方法を解説!

ヴィーナスポイントに登録したい場合は、まずは公式サイトにアクセスしなければいけません。

ヴィーナスポイント登録時に必要なのは「メールアドレス」「個人情報」のみ、銀行口座の登録は出金する際に入力することができます。

アクセスしたら、「新規登録」を選択してください。

 

会員登録画面が開かれます。

 

まずは自分のメールアドレスを入力して、「仮登録」を行ってください。

 

入力したメールアドレスにメールが送信されるので、そのメールに送付されているURLを開きます。

 

URLにアクセスしたら「本登録画面」が開かれます。

 

本登録画面で個人情報(フルネームや住所等)を入力しますが、パスワードの再送信等に関係する秘密の質問も作成する必要があります。

全部入力し終わったら、ヴィーナスポイントの登録は完全に完了しました。

ヴィーナスポイントから登録完了メールが送信されるので、そのメールに記載されているユーザーIDやパスワードを覚えておくようにしましょう。

ポイントの出金先となる「銀行口座の登録」は、出金(換金)する際に決めることができるので、ヴィーナスポイント登録直後に行う必要はありません。

ヴィーナスポイントの使い方と安全性について

ヴィーナスポイントの使い方と安全性について紹介します!

ヴィーナスポイントの使い方と安全性について

ヴィーナスポイントの使い方ですが、基本的に「他のオンラインウォレットサービス」と変わらない使い方だと考えてください。

オンラインウォレットは、オンラインサイト上でポイントを貯めて、そのポイントを出金(銀行に送金)することができますよね。

ヴィーナスポイント使い方は、「オンラインカジノで勝ったお金を銀行に送金できる」ことが、主な使い道です。

ただし、オンラインカジノで銀行出金できる場合が多いので、このサービスを通して出金した場合、その分がそのまま手間になりますよね。

正しいヴィーナスポイントの使い方は、「オンラインカジノから入金して、他のオンラインカジノのポイントに出金すること」です。

例えば、複数のオンラインカジノで遊びたいけど、いちいち出金や入金が手間だと思っている人にうってつけのサービスですよね。

正しいヴィーナスポイント使い方では安全性を損なうことはありません。

日本にも浸透しているオンラインウォレットで、日本にもヴィーナスポイントの支社があります。

日本でのヴィーナスポイントの使い方も安全性が保証されていると考えてください。

シンプルなヴィーナスポイント使い方、確かな安全性がおすすめできる理由となります!

ヴィーナスポイントの手数料はいくら!?

ヴィーナスポイントの手数料について紹介します!

ヴィーナスポイントの手数料はいくら!?

ヴィーナスポイントの手数料は、出金する金額が大きくなるにつれ、手数料の額も多くなる仕様になっています。

気になるヴィーナスポイントの手数料の割合ですが、「900ポイントにつき1.8ポイント」となっています。

出金したら、金額に該当する手数料が自分が持っているポイントから差し引かれてしまうので、出金の際は気を付けてください。

例えば、ヴィーナスポイントの出金上限である20,000ポイントを出金した場合、以下の計算式で手数料が決定されます。

20,000÷900=22.2
22.2×1.8=39.96

 

約40ポイントがヴィーナスポイントの手数料として取られることになりますよね。

ちなみに、このサービスには「手数料の上限金額」が存在しないので、出金上限の20,000ポイントの場合に取られてしまう40ポイントが手数料の上限ということになります。

ヴィーナスポイントの本人確認書類と提出方法

ヴィーナスポイントの本人確認書類と提出方法について紹介します!

ヴィーナスポイントの本人確認書類と提出方法

ヴィーナスポイントの本人確認は必須ではありません。

一か月に10,000ドル以内の決済なら本人確認書類なしで決済することはできます。

しかし、月に10,000ドル以上決済するのであれば、絶対にヴィーナスポイントに本人確認書類を提出するようにしてください。

本人確認書類は、以下の書類が該当します。

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・外国人登録証

 

この5点の中からどれか1枚

 

・住民票
・公共料金等の請求書
・その他請求書

 

このうちのどれか1枚

上記の書類を画像にしてください。

あとは、カスタマーズセンターにメールを送信するだけで、ヴィーナスポイントの本人確認手続きは終了です。

ヴィーナスポイントで本人確認をしたら、運営がその書類に不備がないかを確認します。

不備がないのであれば正式に本人確認が完了し、月に10,000ドル以上決済できるようになります。

ヴィーナスポイントの使えるカジノ・加盟店の一覧

ヴィーナスポイントの使えるカジノ・加盟店の一覧を紹介します!

ヴィーナスポイントの使えるカジノ・加盟店の一覧

オンラインカジノによっては使えない(出金・入金にヴィーナスポイントがない)可能性もあります。

とはいえ、ヴィーナスポイントを使えるカジノや加盟店は徐々に増えてきているので、「ヴィーナスポイントを使えるカジノ」のほうが多いと考えてください。

有名なオンラインカジノなら大抵ヴィーナスポイントの使えるカジノ・加盟店に登録されています!

気になるヴィーナスポイントの使えるカジノ・加盟店は以下の通りです。

・ベラジョンカジノ
・インターカジノ
・ネットベット
・ラッキーニッキー
・カジ旅
・カジノエックス
・ライブカジノハウス
・ワンダーリノ
・ロイヤルパンダ
・ジパングカジノ

など

2019年7月25日現在、ヴィーナスポイントの使えるカジノ・加盟店はこれだけ揃っています。

1つのオンラインカジノに縛られず、色々なオンラインカジノで勝負したいという人は、ヴィーナスポイントをカジノ・加盟店に登録してみてください。

上記のようにヴィーナスポイントを使えるカジノ・加盟店がたくさんあるので、その中から勝負するカジノを選択してみましょう。

まだ導入していないカジノも、これの利用が主流になった今、すぐにヴィーナスポイントのカジノ・加盟店となるかもしれません。

 

ヴィーナスポイントが使えるベラジョンカジノは日本語・スマホ対応で、初心者から上級者まで人気があります。

まだベラジョンカジノに登録してない人は、下の記事を参考に登録をしてみてください。

↓↓↓

ベラジョンカジノの登録方法からゲームの攻略法!人気No.1の評判は本当か!?

オンラインカジノで遊ぶなら、このサービスとベラジョンカジノはまず登録するのが基本です。

ヴィーナスポイントをベラジョンカジノで使う方法

ヴィーナスポイントをベラジョンカジノで使う方法を紹介します!

ヴィーナスポイントをベラジョンカジノで使う方法

ヴィーナスポイントをベラジョンカジノで使うというよりも「ベラジョンカジノともうひとつのオンラインカジノの橋渡しをする」という使い方ですよね。

そのため、ヴィーナスポイントはベラジョンカジノともうひとつオンラインカジノを選択して、使ってください。

ベラジョンカジノから出金(ヴィーナスポイントに入金)したい場合は、ベラジョンカジノから操作する必要があります。

ベラジョンカジノから「マイカジノ→出金」を選択して、出金方法にこのサービスを選択してください。

 

自分のIDを選択して、ヴィーナスポイントをベラジョンカジノに送金できます。

ヴィーナスポイントをベラジョンカジノから送金する場合は、約1日~2日程度、処理に時間がかかります。

逆に、ヴィーナスポイントをベラジョンカジノで使いたい場合は、ヴィーナスポイントから手続きをしてください。

ホーム画面真ん中の「送る」を選択します。

 

加盟店一覧が表示されるので、その中に紛れている「ベラジョンカジノ」を選択してください。

ヴィーナスポイントに入金する場合と違って、こちらはすぐに結果が反映されます。

ベラジョンカジノから確認してください。

ヴィーナスポイントをゆうちょで換金する方法と注意点

ヴィーナスポイントをゆうちょで換金する方法と注意点を紹介します!

ヴィーナスポイントをゆうちょで換金する方法と注意点

ヴィーナスポイントはゆうちょでも換金することができます。

方法は他の銀行で換金する方法と全く同じで、ヴィーナスポイント側で操作します。

まずは、ヴィーナスポイントから「換金」を選択して、出金する銀行に「ゆうちょ銀行」を選択してください。

この際に他の銀行と違うポイントがあります。

他の銀行へ換金する場合は「支店名」を入力する必要がありますよね。

ゆうちょ銀行にもそれぞれに支店名が設定されているのですが、その支店名ごとに「支店コード」も設定されています。

ヴィーナスポイントをゆうちょで換金したい場合は、支店コードを入力する必要があります。

そのため、ヴィーナスポイントをゆうちょで換金したい場合は、あらかじめ自分のゆうちょ銀行の口座の支店コードを調べておく必要がありますよね。

ゆうちょ銀行の公式サイトでチェックすることはできますし、自分のゆうちょ銀行の通帳にも支店コードが記載されています。

ヴィーナスポイントはジャパンネット銀行も使える!?

ヴィーナスポイントはジャパンネット銀行も使えるのか紹介します。

ヴィーナスポイントはジャパンネット銀行も使える!?

ジャパンネット銀行は、店舗を持っていないネット銀行のひとつです。

ジャパンネット銀行は海外送金することはできません。

しかし、ヴィーナスポイントは元々「自分の銀行口座から送金する方法」は使えませんよね。

しかし、ヴィーナスポイントからジャパンネット銀行に出金する場合は、ジャパンネット銀行の海外送金できない問題は関係ありません。

他の銀行と同じ要領でヴィーナスポイントでジャパンネット銀行も選択することができます。

ヴィーナスポイント側で「換金」を選択して、ジャパンネット銀行の口座の詳細を入力してください。

 

ジャパンネット銀行の場合は、「支店コード」ではなく「支店名」を入力し、ヴィーナスポイント登録の銀行を追加します。

 

後は、「上記に同意して換金」を選択すれば、1日~2日後にはヴィーナスポイントからジャパンネット銀行の口座に換金分のお金が送金されているはずです。

ヴィーナスポイントは楽天銀行も対応している!?

ヴィーナスポイントは楽天銀行も対応しているのか紹介します!

ヴィーナスポイントは楽天銀行も対応している!?

楽天銀行も日本で有名なネット銀行ですよね。

ネット銀行もオンラインウォレットと同じで、電子的に取引をするという共通点があります。

しかし、ヴィーナスポイントでは楽天銀行と取引することができません。

日本の有名な銀行は取引できるのですが、ヴィーナスポイントは楽天銀行に限っては換金することができないので、楽天銀行口座をメイン口座にしている人は注意してください。

元々はヴィーナスポイントも楽天銀行に対応していたのですが、2017年6月以降、ヴィーナスポイント側で「楽天銀行との取引は終了しました」という告知がありました。

なぜヴィーナスポイントは楽天銀行だけ利用できなくなったかの原因に関しては不明です。

楽天銀行の口座しか持っていないけれどこのサービスを使いたいという人は、他の銀行の銀行口座を作るようにしてください。

楽天銀行と同じ形態である「ジャパンネット銀行」等がおすすめです。

ヴィーナスポイントは税金どうなる!?

ヴィーナスポイントを利用して税金がかかるのか紹介します!

ヴィーナスポイントは税金どうなる!?

オンラインカジノで儲けた時に忘れてはいけない存在が「税金」です。

オンラインカジノで儲けた場合、その時点で税金がかかってしまうので注意してください。

では、「ヴィーナスポイント経由で換金した場合」はどうなるのか紹介します。

ヴィーナスポイントから銀行口座に換金した場合、銀行口座に取引が残ってしまいますよね。

 

そのため、税金を徴収・管理する税務署はあなたの銀行口座から大きいお金が入金されたことも把握できる可能性が高いです。

そのせいで「あなたにはこれだけの一時所得があった」と把握されるので、ヴィーナスポイントの税金を支払わなくてはいけません。

万が一換金したお金を確定申告しなかった場合、ヴィーナスポイント分の税金を払っていない「脱税」の疑いがかけられてしまうかもしれません。

ただし、オンラインカジノやヴィーナスポイントの所得は「一時所得」となりますが、この一時所得には特別控除があります。

50万円は無条件で控除されるので、儲けが1年で50万円以下なら、税金対象とはなりません。

 

オンラインカジノの税金に関してさらに詳しく知りたい方は、下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

オンラインカジノの税金対策!計算や確定申告の方法

50万以上勝ったら必ず税金がかかるので、しっかり税金対策してください。

-オンラインカジノ基本

Copyright© ビリカジ , 2019 All Rights Reserved.