ビリカジはオンラインカジノのサイトです。

ビリカジ

カジノは日本にいつできる!?候補地はどこ!?

カジノに関する話

カジノは日本にいつできる!?候補地はどこ!?

投稿日:

カジノは日本にいつできるのか徹底解説していきます!

日本のカジノ地となる「候補地」や法案についてあらかじめ知っておくことで、日本でプレイする準備にもなります。

具体的にカジノは日本にいつできるか、候補地等はどこかを見ていきましょう!

カジノは日本にいつできるのか!?解禁に向け盛り上がり中!

カジノは日本にいつできるのか紹介します!

カジノは日本にいつできるのか!?解禁に向け盛り上がり中!

「カジノ法案」によってルールや方針を定める予定でした。

この法案が可決されたのは2016年(IR設備法は2018年)ですが、2019年になった現在では日本にできていませんよね。

カジノが日本にいつできるのかというと、おおよそ「2025年ごろ」と言われています。

もちろんこれも「予定」なので、必ず2015年に日本にカジノができるというわけではありません。

そのため、現状ではカジノが日本にいつできるかという問いにははっきり答えることができないでしょう。

2019年時点で日本の場所候補地は決まっていますが、はっきりと「カジノを日本にいつ・どこに設立する」とは決まっていません。

そのため、カジノが日本にいつできるのかもそうですが、候補地選定から建物の設立にも時間がかかっています。

もしかしたら、2025年より後に設立されるかもしれません。

ちなみに、2020年の東京オリンピックに合わせて設立されると思われていましたが、その場合は2019年にいつなんらかの発表があってもおかしくありませんよね。

2020年に設立は現実的にあり得ません。

とはいえ、「今までカジノのなかった日本がさらに活発になる」「娯楽が増える」と、解禁に向けての盛り上がりは現在でも続いています。

カジノが日本にいつオープンしたとしても、オープン当初は盛り上がること間違いなしです!

 

実際のカジノは日本にいつできるのか、場所はどこかはっきりとは決まってないのでプレイできるのはまだまだ先になりそうです。

が、オンラインであれば日本に居ながらにして楽しむ事ができます。

最新の人気がありおすすめのオンカジを下の記事で紹介しているので、チェックしてみてください。

↓↓↓

オンラインカジノおすすめ人気ランキング【2019年最新版】初心者からベテランまで

スマホでも簡単に遊べると人気の所ばかりです。

僕もいくつかハマってゲームを楽しんでいます。

カジノ、日本の場所は決定したのか!?どこにできる予定!?

カジノの日本の場所は決定したのか紹介します!

カジノ、日本の場所は決定したのか!?どこにできる予定!?

日本にカジノができると決定したのはいいですが、具体的に「カジノの日本の場所はどこか」という、具体的な場所に関してはまだ決定していません。

法案そのものは可決されたものの、実際に設立するとなると、その都道府県(市町村)での手続きもありますよね。

大きな設備になることが予想されているので、ある程度まとまった場所も必要です。

もちろんカジノの日本の場所として設立できそうな拠点・空地はあるのですが、「多くの人がカジノに訪れるための立地条件」も整えなくてはいけません。

日本で設立に向けて様々な問題点・課題点があるので、カジノの日本の場所がまだ決まっていなくてもおかしくはありませんよね。

カジノの日本の場所はどこになるのかという予想ですが、一番有力な場所は「長崎」「北海道」「大阪」です。

どれも都心(東京)と離れた場所になるのですが、東京に設立するような場所があるかと言われると微妙です。

都心よりも地方の経済をよくしたいという気持ちもあるのでしょう。

ちなみに、「カジノの日本の場所はどこか」という発表は、2021年~2022年頃になると考えられます。

2025年オープンと考えると、設立準備等を考えて、3年か4年前には候補地から場所を選定するのが自然です。

カジノ、日本の候補地として挙げられている所は9か所!?

カジノの日本候補地について紹介します!

カジノ、日本の候補地として挙げられている所は9か所!?

まだカジノを日本のどこに設立するかは決定していないのですが、「候補地」はある程度絞り込まれています。

もちろんまだ完全に決定していないので、カジノの日本候補地以外から決定されることもあるでしょう。

また、複数建てたいと思うのであれば、カジノの日本の候補地の中からも複数選択されることになります(日本は3箇所まで設立可能と決定されました)

気になるカジノの日本の候補地は、以下の通りになります。

・大阪(夢洲)
・長崎(ハウステンボス)
・北海道(苫小牧)
・東京(お台場)
・千葉(幕張)
・神奈川(横浜)
・愛知(常滑)
・和歌山(マリーナシティ)

この9箇所がカジノの日本の候補地となっています。

都心も候補地となっていますが、長崎や北海道といった地方設立の話も出ているので、地方の経済促進を狙っていることもわかります。

実際、ハウステンボスも苫小牧市も、設立に向けて土地の売却・整理を行っています。

 

大阪も東京の次に大きな都市ですが、2025年には「国際博覧会」が開かれることになっています。

 

海外のユーザーにも日本に来てもらうため、大阪を候補地にしているのかもしれません。

カジノの日本の候補地がどこになるかはまだわかりませんが、設立3年前くらいに正式発表があると予想しています。

 

カジノの日本候補地は経済的効果や人気の土地などから選ばれているようです。

一方オンカジは登録・入金・プレイできるゲーム・サポートなど様々な点から人気があり流行っている所があります。

それがベラジョンカジノです。

ベラジョンはスマホ・日本語対応で、サポートも手厚く、入金や出金もしやすく遊びやすいオンカジです。

ベラジョンについて詳しくは下の記事でまとめているので、参考にしてみてくださいね。

↓↓↓

ベラジョンカジノの登録方法からゲームの攻略法!人気No.1の評判は本当か!?

初心者からハイローラーまで幅広く人気があるベラジョンは、僕や友人たちも全員登録しています。

日本のカジノに参入する企業まとめ

日本のカジノに参入する企業について紹介します!

日本のカジノに参入する企業まとめ

ここでいう日本のカジノに参入する企業というのは、設立に関するなんらかの投資を行う予定(既に行っている企業)ということです。

日本のカジノに参入するということは、少なくともこれらの企業は「成功する(成功させたい)」という自信があるのでしょう。

日本の活性化に向けて、日本のカジノに投資したのだと考えることができます。

日本のカジノに参入する企業(する予定のある企業・する可能性の高い企業)は、以下の通りです。

・コナミ株式会社
・バンダイナムコエンターテインメント
・セガサミーホールディングス
・ユニバーサルエンターテインメント
・ダイナム
・SDエンターテインメント

セガサミーホールディングスとユニバーサルエンターテインメントは「統合リゾート(IR)施設運営に携わる会社」ですよね。

日本のカジノもIRとなる可能性が高いので、IR施設運営企業も参入してくるでしょう。

コナミ株式会社やバンダイナムコエンターテインメントも日本のカジノに参入することを発表しています。

どちらも「ゲーム企業」としての側面が強いですが、コナミは海外では機器の開発にも携わっています。

日本のカジノに参入してもおかしくはありません。

バンダイも海外に人気のブランドなので、慣れている外国人のニーズに合わせた戦略・マーケティングを考えているのでしょう。

日本のカジノ法案を徹底調査してみた!

日本のカジノ法案について徹底解説します!

日本のカジノ法案を徹底調査してみた!

日本のカジノ法案は「推進法(IR推進法)」と「整備法(IR整備法)」に分かれています。

IR推進法は2016年の時点で可決して、その後取り決めや制度を決める上で、IR整備法が2018年に可決されました。

この2つのことをまとめて日本のカジノ法案といい、「カジノに関する全般的な法律を指す」のだと考えてください。

日本のカジノ法案のうちIR推進法は、日本で「合法的に設立していい」と定める法律のことです。

日本のカジノ推進に関する内容や、基本的な制度が含まれています。

IR整備法は、日本で設立するための具体的な取り決め等を設定しています。

日本のカジノ法案が定められた目的ですが、「合法化する」ことだけではありません。

カジノによって得られる経済効果や観光・地域産業の活性化、IR運営なども目的となっています。

日本にカジノが設立されたら治安が悪くなるという見解を示す人もいましたが、日本のカジノ法案がしっかり整っていれば、治安が悪くなる可能性も少なくなりますよね。

デメリットが消えて、経済・財政効果を得られるメリットや観光・地域活性に関するメリットが残るでしょう。

カジノが日本にできるメリットとは!?

カジノが日本にできるメリットについて紹介します。

カジノが日本にできるメリットとは!?

カジノが日本にできるメリットは、「娯楽が増えること」と「日本(設立地域)の経済が発展すること」です。

パチンコやパチスロもギャンブルのひとつですが、アメリカやヨーロッパなどの先進国で取り入れられているカジノは、パチンコよりも幅広いゲームを楽しめます。

娯楽性は間違いなく高いので、多くの人が訪れるでしょう。

日本国民からしたら「面白いものができる」というのは、カジノが日本にできるメリット以外の何者でもありません。

多くの人が日本のカジノに訪れた場合、その分儲かる可能性が高くなります。

経済発展には「儲かること」は必須なので、カジノが日本に設立されることによって、日本で多くのお金が流動されることになるでしょう。

特に、「今まで日本にはなかったもの」は、他の施設設立よりも多くの経済効果を見込むことができます。

日本の経済を考えると、カジノが日本にできるメリットがあると考えて構いません。

カジノが日本に設立されるメリットが多い分、日本政府も慎重に設立に向けて取り組んでいます。

カジノが日本にできるデメリットは!?

カジノが日本にできるデメリットを紹介します。

カジノが日本にできるデメリットは!?

カジノが日本にできるデメリットは、「ギャンブル依存症の人の増加」と「治安の悪化」です。

ギャンブルでは多くの現金が流動されます。

負けたのが悔しいから日本のカジノにのめり込んでしまい、お金を使いすぎてしまうことは考えられます。

日本のカジノで借金までしてしまった場合、ギャンブル依存症になったと考えて構いません。

ギャンブルにより破産してしまう人が出る可能性が高くなるのは、日本にカジノができた場合のデメリットと考えていいでしょう。

多くのお金が動いていることになるので、その分治安悪化に繋がる恐れもあります。

治安悪化も真剣に考えなければならない、カジノが日本にできるデメリットです。

カジノ法案がちゃんとして、警察等もしっかり取り締まりを行えば、ある程度は治安悪化を防げるかもしれません。

しかし、「実際に日本にカジノができないとわからない」側面も強いので、治安悪化は不安要素にはありますよね。

メリットを抑えるのも大切ですが、このようなカジノが日本にできるデメリットもあると頭に入れておいてください。

日本にカジノがない理由を調べてみた!

日本にカジノがない理由について紹介します。

日本にカジノがない理由を調べてみた!

日本にカジノがない理由は、「いままで日本で運営するのが合法でなかった」からです。

法律が今までないから日本でカジノがないのだと言われても、「ならパチンコとカジノは何が違うの?」という疑問が出てきますよね。

実は、同じギャンブルであるパチンコやパチスロも、「グレーゾーン」に該当しています。

パチンコは「景品交換」という方法を使っているので、直接お金を賭けていないことになっています。

しかし、カジノの場合直接お金を賭けて勝負することになるので、お金を使う賭け事を禁止する「賭博法」に触れてしまいます。

万が一グレーゾーンにしてしまった場合、パチンコ店でも同様の直接的な賭けを見て見ぬふりされてしまうかもしれません。

カジノとパチンコの景品交換の違いが明確なので、多くの人が日本にカジノがないことを不思議に思っていませんでした。

ただし、2018年に法案が完全に可決されたので「カジノは合法」になります。

これによって長らく日本にカジノがない状態から、設立の動きが見られることになりました。

-カジノに関する話

Copyright© ビリカジ , 2019 All Rights Reserved.